川路弥生さん

AROMA LIFE 代表

プロバスケットボールチーム RENOVA鹿児島 2013~2016 チームトレーナー

スポーツアロマトレーナーの資格を目指そうと思ったきっかけは何ですか?

AEAJ認定インストラクター・アロマセラピストを取得した際に、通学していたスクールの1日講座でスポーツアロマに関するものがありました。
この講座を受講してリラクセーションだけではないアロマセラピーの分野を知り、とても興味を持ち、更には女性で初めてオリンピックの選手村に入ってスポーツアロマのケアを行った人物として、神崎先生のことを知ることとなりました。

スポーツアロマトレーナーの勉強をしてよかったことは何ですか

まず、神崎先生に直接教わることのできるプレミナでよかったです!地方に住んでいるので集中講座で日程的に無理なく学べました。
アロマセラピストとして身体についての勉強はしていましたが、より学ぶようになりました。
知識を深めれば深めるほど、解っていなかった事柄に気づくことが出来、今までこれでよくやっていたなと思うこともありました。ITEC解剖生理学の資格も取得し、現在も日々学びを深めています。
また、講習会を受けたことによって自分自身何をやりたかったのかが、明確になりました。受講する前はアロマセラピーをリラクセーションか医療の分野で活かすことを考えていましたが、受講後に活動に参加してとても楽しかったこともきっかけとなり、この道だと思うことが出来ました。

スポーツアロマトレーナーになり何か変化はありましたか

サロン運営を始めたばかりの頃、リラクセーションを中心としたサロンは他にも多くありましたが、まだスポーツアロマを取り入れたサロンは少なかったことと、鹿児島県はサッカーや野球などの強豪校が多く、スポーツに力を入れている地域でもあったので、部活動をしている学生やアマチュア選手を中心にスポーツアロマを行っているサロンとして口コミで広がり、今ではクライアントの方の8~9割がスポーツアロマを目的とした方々で、1~2割がリラクセーションや美容を目的とした方々になりました。

現在はどんな活動をしていますか

自身のサロンワークに加え、待っているだけではなかなかプロ選手のケアを行うことは出来ないと考え、プロのバスケットボール選手を紹介して頂き、その選手のケアをしたことをきっかけに所属するプロチームのトレーナーとなり、理学療法士の方々など他のサポートメンバーと共に活動しています。

スポーツアロマに対する今後の思いがあればお聞かせ下さい

選手の方々をサポートする為に、様々な治療やケア方法がありますが、そのひとつとしてアロマセラピーが肩を並べる存在になってほしいと思います。
まだリラクセーションや美容のイメージの強い方が多いかと思うので、高い知識と意識を持ったトレーナーの存在が重要で、このようなトレーナーがたくさん生まれることで裾野を広げることになると思います。

スポーツアロマ無料体験に申込むスクール情報の資料請求をする